GoProHERO 7 BLACKの導入!アクセサリー周りもご紹介します!

goprohero7

スポンサードリンク



どうも皆さん、こんにちわ!
アスファルト城間です!

少し出遅れた感はありますが、ついに私も「GoProHERO 7 BLACK」を購入しました!

goprohiero7

今回のGoProは手振れ補正がかなり強化されたという事で、ガジェット好きの間ではかなり話題になっております。

なぜGoPro HERO 7 BLACKを買ったのか!?

金額的にも53,460円(税込)と割高ではありますが、今回については買わずにはいられなかった・・・

その理由としては下記の通りです。

①タイムワープ機能(動きながらのタイムラプス)が面白そうと思ったから。

②8倍スローモーション撮影を前々から導入したかったから。

③背面ディスプレイ搭載のウェアラブルカメラが欲しかったから。

④魚眼無効機能がかなり優秀で、もはやビデオカメラと遜色が無いように感じたから。

⑤Youtubeの新たなコンテンツとしてVLOGを配信したかったから。

特に前々からVLOG(ビデオ形式のブログ)を配信したいと思っていたので、今回のGoProはとても相性がいいのではないかと考え、思い切って購入しました!

使いこなせるように頑張ります!笑

GoProを買ったらこのアクセサリーも買いたい!

せっかくGoProを買ったのであれば、「できればこのアクセサリーも持っておきたい!」というものを下記の通りまとめてみました!

金額・機能性も含めて、コスパの良いものを選びました!

参考にして頂ければ幸いです!

1.SDカード

 

SDカードについては、Go proが動作を保証しているSDカードを選ぶことをオススメします。

動作保証がされてないSDカードを使うと、撮影中にフリーズする恐れが有り、機器にとってかなり負担になるようです。

動作保証をしているSDカードは下記のリンクより確認する事が可能です。

 

2.背面ディスプレイ保護フィルム

3.三脚マウントアダプター

GoProのアタッチメント部分は三脚ネジが搭載されていないため、今までお使いの三脚や自撮り棒などに設置するためには、上記のマウントは必須になります。

金額も安いので、一つは持っていてもいいかと思います!

4.自撮り棒

手持ちで撮影するよりは、自撮り棒などに固定した方が手振れはだいぶ緩和されます。

ジンバルいらずのGoPRO 7といえども、最低限持っていた方が無難かと思われます!

おわりに

GoProは自由度が高い上に、精密機械と違ってガシガシ使う事ができるので、VLOGなどの撮影をする人にとっては持って来いの商品だと思います!

普段では撮る事ができない面白い映像も撮る事ができますので、興味のある方は思い切って導入してみてはいかがでしょうか^^??

僕も手元にGoProが届いたら、Youtubeに動画をアップしまくりたいと思います!笑

それでは最後までご覧頂きましてありがとうございました!

アスファルト城間でした!




アスファルト城間のYoutubeチャンネル↓↓

 

スポンサードリンク










goprohero7

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

Youtubeのツールを使い、ラップ動画・商品レビュー・HOWTO動画などを配信中。 最近ではイベントの企画・運営も行い、活動の幅を広げるために奮闘中。 Youtubeチャンネル登録者数4042人 全再生回数1,665,428回 ※2018年5月現在